経済社会の分析を中心として

凡人の投資ブログ‐株価、為替の予測で資産形成

経済社会の分析を中心として イメージ画像

ジュグラーサイクル

さて、皆さんお元気でしょうか。相場がきな臭くなってまいりました。ようやくしばらくストップしていた。分析を再開したいと思います。景気ウォッチャー指数の動向まず、3月の景気ウォッチャー指数ですが、売りシグナルが発生しました。天井圏での売りシグナルは、中期的な
『サイクル、景気ウォッチャー指数から日経平均株価の推移を予測する。』の画像

先週の見通しの反省 先週は全敗でした。基本的に予想は、前週の傾向を引き継ぐものとして予測しますが、これがアナリスト予測がまったく当たらない理由です。先週は、3月月初から出ていた傾向が巻き戻される展開となりました。来週の見通し 来週については、ダウ平均が戻
『2016年4月1日の週の見通し』の画像

皆さんお元気でしょうか。11月12日から13日にかけてダウ平均株価は、利上げを織り込んで大きく下落しました。利上げが株価にもたらす影響を確認したところ、もはや利上げの有無にかかわらず株価が暴落することが判明しました。  なお、暴落するまでは、過去記事「株価サイク
『もはや利上げの有無にかかわらず株価は下落局面へ』の画像

 皆さんお元気でしょうか。株式市場が反騰しています。2015年9月29日にキチンサイクルの底を付けたことを確認しました。さて、次のキチンサイクルはベアサイクルとなることが予測されますが、その上昇の持続力は、どの程度になるでしょうか。 なお、今まで株式市場が暴落
『中間反騰は2016年6月頃までに終了する見込み。』の画像

 このブログでは何度も 、2015年から株価大暴落が起きることを予言してきており、とうとう上海総合指数の暴落が発生しました。しかし、上海総合指数の暴落だけでは終わりません。中国のバブル崩壊に引きずられて、日米の株価も大暴落を引き起こします。この記事では、改めて
『日経平均株価及びNYダウ平均が株価大暴落する4つの理由-今すぐ逃げなさい!』の画像

↑このページのトップヘ