凡人の投資ブログ‐仮想通貨、株価、為替の予測で資産形成

    約800銘柄の可能性が広がるクリプトドリームへの挑戦

カテゴリ:国債危機

経済学における為替レートの決定要因 私は大学で為替レートの決定理論について研究していました。本稿では、経済学的知見から今後の為替動向を予測します。 近代経済学では、アセットアプローチと呼ばれるモデルで、2国間の金利差により為替レートが決定するとしています ...

 みなさん元気でしょうか。今日も時間がないため、2ちゃんねるのビジネス板でスレッドランキング7位になった記事を投稿します。日本は、スタグフレーションになりそうですね。しかし、米中も似たようなものです。これからは、紙幣の信用が揺らいできます。-以下ニュース ...

私たち日本国民の年金積立金は現在100兆円を超えていますが、2004年から取り崩しが始まっています。厚生労働省は、2000年以降の経済状況が続いた場合、2031年に積立金が枯渇すると予測しました。ハリー S デントによると、人口動態統計からみると2020年に入ってから年金制度 ...

下図のとおり、日本の問題点は国債残高が増えることよりも、経済成長率が低下していることである。この20年間において英国の経済成長率をアンダーパフォームしている。40歳人口の激減によって、中国の文化大革命当時の混乱に匹敵する経済衰退が起こったといえよう。ただし、 ...

Future of National DebtIt is estimated National debt will could rise close to 100% of GDP by 2012. It is way above the government’s sustainable investment rule of 40% maximum.However, the debt situation can be improved through:Economic Expansion which im ...

標記命題に対しては、答えはNOと言える。まず、長期時系列による詳細な値動きを分析し、レンジのブレイクを狙ってショートする必要がある。しかし、国債先物価格の長期時系列データは公に入手しづらい。 暴落時には、乱高下が予想される。また、長期保有も限月の壁に拒まれ ...

来年度予算 国債44兆2980億円 「10年もたない」現実味2010年12月25日(土)08:00(産経新聞)平成23年度予算案は、前年度に続き、新規国債発行額(借金)が税収を上回る「異常事態」となった。特別会計の剰余金といった「埋蔵金」は食いつぶし、消費税率の引き上げ ...

改革不在の予算案では日本はもたない 2010/12/25付政策への出費と借金を前の年より増やさないという最低限の目標は辛くも守った。だが日本の将来を考えると、菅政権の2011年度予算案に強い懸念を抱く。その場しのぎの帳尻合わせに頼る一方で、根本的な財政や社会保障の改革 ...

自民・林氏:民主政権で財政は危険ゾーン、「Xデイ」対策提言も12月22日(ブルームバーグ):自民党のシャドウ・キャビネットで財務相を務める林芳正政調会長代理(参院議員)は民主党政権下で日本の財政が「危険ゾーン」に差しかかっているとの認識を示した。このため投資 ...

国・地方で借金891兆円 財政健全化の道筋描けず 2010/12/24 21:04政府は2011年度予算案で新規国債発行額を44兆2980億円として、「10年度を上回らない」とした財政運営戦略の方針をかろうじて守った。ただ税収を上回る巨額発行に変わりはない。国・地方合わせた長期債務(借 ...

S氏の相場観:いずれ訪れる国債の暴落 2010/12/21(火) 米国のQE2(金融緩和策)を見切れなかった為に、国内の銀行が米国債で巨額の損失を出してしまったのですが、その穴埋めとして売られたのが日本国債で、11月の売り越し額だけで2.8兆円にも達しました。これにより日 ...

↑このページのトップヘ