経済社会の分析を中心として

凡人の投資ブログ‐株価、為替の予測で資産形成

経済社会の分析を中心として イメージ画像

長期予測

 皆さんお元気でしょうか。様々なアナリストから2016年のシナリオが出てきていますが、彼らの意見を参考にして来年の株価推移シナリオを作成しました。各アナリストの動向 私がざっとみたアナリスト見通しは次のとおりです。今井雅人氏。選挙対策として3月~4月に日銀が追
『2016年日経平均株価推移シナリオについて』の画像

 私は、日経平均株価のキチンサイクル及びジュグラーサイクルを記録していますので、過去の統計をもとにして、今後の動きを正確に予測することができます。キチンサイクルの推移 では、下記の統計表をご確認ください。今回のキチンサイクルですが、2012年6月に開始して以来
『日経平均株価が一万円の大台を割れる時期を予測する。』の画像

日経平均株価の年別季節性 株価には季節性・アノマリーというものがあります。「ラリーウィリアムズの株式必勝法」にも掲載されていますが、5のつく年は、株価が大きく上がる傾向にあります。 しかしながら、2015年は、8月に相場が急変し、このアノマリーは未達となりま
『日経平均株価の季節性・アノマリーから株価を予測すると、株式相場は弱気に転換し、暴落へ』の画像

相場の格言 (立花証券社長石井久氏)・「株で一発当てた人間は落ちるのも早い」一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまった

株式のアノマリーについて さあ皆さん暑い中、いかがお過ごしでしょうか。私は、金価格について改めて研究を行っています。相場をやる上では、季節性というものを考慮する必要があります。株式でいうとセルインメイというやつです。 季節性というのはアノマリーの一つであり
『季節性・アノマリーのチャートからみると、金相場・金価格は暴騰する!』の画像

 徳川家広氏の著作「自分を守る経済学」が出ていたため、読んでみました。2012年末から2016年初頭に日本経済が回復過程を歩むと同氏は著作で述べており、私の見解と一致しています。2012年末から2015年前後までの中期循環上昇局面については、ほぼエコノミスト、経済予測家
『徳川家広(2010.12)「自分を守る経済学」(筑摩書房)について』の画像

 ここで、久しぶりに、100年スパンで見る金融時系列の分析を行います。良い記事を掲載しますので、ぜひお願いいたします。 まず、長期時系列データの取得ですが、セントルイス連銀のホームページから、ドル円レートは1971年以降、金価格は1968年以降の時系列データが取得で
『100年チャートで見るドル円為替、金価格及び株価の推移』の画像

米国はまた第三のバブル崩壊だ。そして、2000年、2007年と同じことが起きる。 2000年の資産バブル崩壊で、金は長期下落に終止符を打った。日本の国債暴落説が唱えられはじめたのもこの頃だ。 そして、2007年のいざなみ景気終焉で金はさらなる上昇を見せる。 2012年の日経平

 先日、太陽サイクルについて論考したが、調べていくうちに我々は未知なる試練へと向かっているということが判明してしまった。 太陽活動が低下しているが、太陽活動が低下すると地球に大きな悪影響が出るという。科学的に説明すると、地球に降り注ぐ宇宙線すなわち放射線
『[地震予測] どうやら我々は未知なる試練へと向かっているようだ』の画像

 下図の白線は、52週前の株価に対する比率の推移であり、対前年比からみるとすでにキチンサイクルはピークを打っていることが分かる。 
『キチンサイクル推移』の画像

  さて、株価について久しぶりに検証した結果、株価崩壊まで一年程度の猶予があることが判明した。ただし、立花証券石井元会長の言うとおり2016年の初夏で大きな転回点がやってくる。その後は、1990年代後半と同じ様な展開が待っている。今後の日本経済は、人口オーナ
『今後の日経平均株価の推移を予測する。』の画像

 私はジュグラーサイクルの底を2010年の冬頃に検証した。予測結果であるが、2011年2月のピークは的中したものの、2011年後半からの中間反騰は予測できなかった。そのため、2012年は7/20から8/2の間に7500円程度で底をつけ、夏頃に中間反騰を経て、10/12-11/2に二番底を付け
『前回予測の検証』の画像

 国連の人口予測2012年版が6月に公開されましたので、2012年1月の国立人口社会保障研究所の予測とともに分析します。 まず、2100年の日本の人口ですが、国連予測によると8400万人に対して、国立人口社会保障研究所の予測だと中位死亡率、中位出生率の仮定でも4000万人代と
『高齢者市場も縮小していく見込み』の画像

↑このページのトップヘ