凡人の投資ブログ‐仮想通貨、株価、為替の予測で資産形成

    約800銘柄の可能性が広がるクリプトドリームへの挑戦

カテゴリ:マクロ経済の行方

 かつては太陽活動が活発になると、人間の心理も陽気になり、農作物の収穫も良くなり景気が良くなるという太陽景気変動説をジェヴオンズが唱えており、現在も景気循環研究所の嶋中教授が研究している。・世界恐慌時に太陽活動は低下していた。シュワーベサイクルの下降期で ...

 本邦では過去ニ回にわたり消費税を増税しているが、電通の広告景気年表を元に、当時の景気をまず振り返る。1 消費税3%施行年 平成元年の日本経済は,設備投資と個人消費を中心とした内需拡大に支えられ,いざなぎ景気に迫る勢いともみられる力強い景気拡大を続けた。4 ...

 デント氏は「hsdent.com」において予測レポートを無償公開しており、会員登録をしますと2011年2月に作成したレポートを読むことができます。さて、このレポートの最期で「The Land of the Setting Sun」という日本特集がされております。具体的な内容については下記のとお ...

 2011年9月のIMF見通しによると、2016年に購買力平価ベースのGDPで中国が米国を追い抜く。これは2011年3月に Frederick S. Pardee Center for International Futuresの長期予測モデルで示された2024年よりも8年も早く、従来の予測よりも早く中国が世界の覇権国となる可能性 ...

①世界経済  ・世界景気は、11 年前半にかけて先進国では景気対策の押し上げ効果の減退や、循環的な動きの弱まりによって緩やかな成長にとどまると見込まれる。一方で、新興国は内需の拡大等により堅調さを維持し、世界景気を下支えすると予想される。 ・米国経済は、11 年 ...

1.景気の現状:一進一退・自動車販売の減少や輸出の増勢鈍化を背景に景気は弱含み。景気先行指数が2010年4月をピークに下向きに転じているほか、一致指数も9月以降は低下。内需も本格回復に至っておらず、機械受注や雇用・所得環境は「底ばい」状態が持続。日銀短観12月 ...

世界食料価格:12月に過去最高更新、砂糖値上がり 1月5日(ブルームバーグ):世界の食料価格が昨年12月に過去最高に達したと、国連食糧農業機関(FAO)が5日発表した。砂糖や穀物、油糧種子の値上がりが影響した。2008年には食料価格の上昇を要因として、ハイチやエジ ...

Japan business confidence falls amid strong yenJapan business confidence falls for first time in 7 quarters amid strong yen, slowing exports In this Tuesday, Dec. 14, 2010 photo, smoke and steam rise from factories at the Kawasaki industrial area in Kawa ...

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し(11月5日時点)~ 国内景況感 輸出の減速やエコカー補助金終了による自動車販売の落ち込み等を背景に、景気は踊り場局面に差し掛かっている。先行きについても、世界経済の減速に伴って輸出の伸びが一層鈍化すること ...

日本経済概説(2010年12月)1.景気の現状:製造業を中心に弱含み・景気は夏ごろから弱含み。主因は製造業。鉱工業生産は10月まで5カ月連続の前月比減少。買い替え補助終了により国内の自動車販売が大幅減少に転じたほか、輸出も弱含み傾向が強まっていることが背景。・一 ...

 11月の街角景気、4カ月ぶり改善 家電エコポイント駆け込み需要で 2010/12/8 14:40内閣府が8日発表した11月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景気実感を示す現状判断指数は前月比3.4ポイント上昇の43.6と、4カ月ぶりに改善した。家電エコポイント制度変更前の駆 ...

2011年の卯年相場、序盤に「跳ねる」展開=ゴールドマン2010年 12月 3日 14:54 JS[東京 3日 ロイター] ゴールドマン・サックス(GS)は2日付のリポートで、卯年の2011年の日本株相場は、年の序盤に「跳ねる」展開を予想。11年度の予想EPS成長率20%とバ ...

[東京 30日 ロイター] 10月鉱工業生産指数は5カ月連続の低下となりながらも市場予測を上回ったうえ、先行きの生産予測は持ち直し傾向がうかがえ、企業業績の上振れ期待を手掛かりにした株価上昇シナリオが描けるようになってきた。欧州財政懸念や中国の利上げ観測 ...

日経平均、年内に1万600円まで上昇も リテラ・クレア証券情報部 清水洋介氏(10/12/1) 日経平均株価は年内に、1万600円程度まで上昇する可能性があるとみている。国内企業の好業績に加え、外国為替市場でのさらなる円安・ドル高が予想されるためだ。 これまでの円高傾 ...

市場破たん第二幕へ<ゲーリー・シリングのゲーリー・シリング社長>今回の統計は少なくともわれわれにとっては驚きでない。過剰在庫は依然大きな問題であり、価格が低迷しても不思議ではない。住宅価格は、住宅差し押さえの一時停止に支えられてはいるが、さらに20%程度 ...

↑このページのトップヘ