月の満ち欠けトレードの検証条件

対象物 ナスダック総合指数

満月→新月のトレード

ウェイニングフェイズ(満月から新月に向かうおよそ2週間:月が閉じていく期間)にある初取引営業日の始値でロング、ワクシングフェイズ(新月から満月に向かうおよそ2週間:月が満ちている期間)にある初取引営業日の始値でエグジット

新月→満月のトレード

ワクシングフェイズ(新月から満月に向かうおよそ2週間:月が満ちている期間)にある初取引営業日の始値でロング、ウェイニングフェイズ(満月から新月に向かうおよそ2週間:月が閉じていく期間)にある初取引営業日の始値でエグジット

検証結果

image

1938-1997

1997年までは、両者のトレードにさほど差はなかった。新月で買うとドローダウンになる1970年代を除き、大きな差はなかった。

image

1998-2020

1998年以降、特に、2018年において両者に大きな差がみられるようになった。image


しかし、2019年、2020年では新月トレードのほうが利益が高くなっている。

image

トレードのタイミング

タイミングについては、エントリー時期を1営業日ずつずらすとどうなるか検証したが、時期をずらすほど利益の差も縮んでいくことが分かった。満月、新月の直後の始値でのトレードがベストな結果となるようだ。

image

最近の傾向

最近は、満月トレードのほうが弱いようです。

image