皆さんお元気でしょうか。世界はコロナウイルスの関係で当分景気が良くなく相場も不況がしばらく続きそうです。

そんな中、生活に役立つ情報を提供いたします。ずばり、なるべくお金をかけないでシーリングライトをスマート化する話しです。

たった1000円未満で、スマートスピーカーに声をかけると、照明が点いたり消えたりしますし、スマートスピーカーを設定すれば、毎日朝6:00に目覚まし代わりに照明をつけることだって可能です。

今は、アイリスオーヤマなど日本メーカーからもスマートシーリングライトが販売されていますが金額が1万円以上する高額な商品です。



また、新しいスマートライトに買い替えると、手元にあるシリングライトがまだまだ使えるので、無駄になってしまいます。

そこで、私は、たった1,000円未満で、古いシーリングライトをスマート化する方法を見つけました。それがずばり、アリエクスプレスで販売されているSonoffのスマートスイッチを利用する方法です。

Sonoff スイッチ (3.8cm×8.8cm)

Google ホーム Alexa amazonと互換

¥ 611

image

https://ja.aliexpress.com/item/4000295642370.html?spm=a2g0o.cart.0.0.67223c00wY26eL&mp=1

このスイッチをシーリングライトに取り付けるだけで、シーリングライトがスマート化できます。

では、さっそくその手順をお伝えします。

シーリングライトの構造

一般的なLEDシーリングライトの構造をご説明します。シーリングライトは、LED チップと電源ケーブルで構成されています。そして、電源ケーブルは ELコネクタというアダプタで接続されています。このELコネクターの接続を外し、その間を電源スイッチで中継すれば、スマートライトの完成です。

イメージとしては、下記画像の四角いブロックがELコネクタになります。この部分を外して、スイッチで中継します。

image

電源スイッチの構造

電源スイッチの構造をご説明します。電源スイッチには、それぞれ両端に二本の電源ケーブルが入る穴が設けられています。この穴は、端子台、またはターミナルブロックと呼ばれ、ここにゴムの皮を剥いた電線をさして、上からねじを締めると電線との接続が完了します。

image


電源スイッチへのケーブルの取り付け

シーリングライトのELコネクタと接続するための、スイッチ側のELコネクタを作成する必要があります。電源スイッチに、電源ケーブルとELコネクタを取り付けていきましょう。ここで使用する部材は、下記です。



ELコネクタ リセプタクルハウジング 2P 4.5mmピッチ ELR-02VF ¥22

image

ELコネクタ プラグコンタクトピン LLM-41T-P1.3E ¥16

image



ELコネクタ プラグハウジング 2P 4.5mmピッチ ELP-02V ¥22  

image

ELコネクタ ソケットコンタクトピン LLF-41T-P1.3E ¥16

image

電源用平行コード0.75SQ 白 VFF0.75SQ-W ¥66  

image

買えるショップ (送料280円)

https://eleshop.jp/shop/g/gBAI13C/

上記を必要数買うと、388円

電源スイッチと合わせて、999円

参考にしたページは下記です。
https://sumahome.jp/archives/361

https://sumaho-kakuyasu-sim.com/post-2112/


それでは、電源スイッチに、電源用コードをそれぞれ接続します。コードはそれぞれ2本に割いて、電源スイッチの穴の長さだけ銅線を露出させ、穴に差し込みます。上からねじを締めればもう完成です。

次に、電源スイッチにつながったコードへ、ELコネクタを取り付けていきます。ELコネクタの取り付けイメージは下記のとおりです。

image

まず、金属部分(ギボシというようです。)の開いた側を、ゴムを剥いて銅線を露出させたケーブルへ差し込み、圧着させます。圧着専用の工具があるそうですが、通常のペンチで構わないでしょう。そして、ギボシをコネクタに差し込んで完成です。

image

シーリングライトへの取り付け

あとは、シーリングライトの電源ケーブルのELコネクタを外し、その間に、この電源スイッチのELコネクタを接続すれば完成です。

なお、電源スイッチは、3.8cm×8.8cmということなので、シーリングライトの基盤に、このスイッチを両面テープで張り付けるだけのスペースが必要です。4cm×9cmのスペースがシーリングライト内に確保できるか、確認しておきましょう。

次に、電源スイッチを両面テープで、シーリングライトの基板に取り付けて完成です。なお、このスイッチは、待機状態だと、緑色のLEDランプが光ってしまうようなので、点灯部分のLEDをテープでふさぐほうが、就寝時に気にならなくて済みます。また、LED側を裏面にして取り付けるというのもありかもしれません。

スマートスピーカーの設定

最期は、電源スイッチのメーカーのアプリである「EWeLink」をスマホにインストールします。そこで設定が完了後、アマゾンアレクサまたはグーグルホームでデバイスを追加します。その後は、ご自由に、タスクを設定して、毎朝6時に自動で照明が点灯するのも良し、声を掛けたらわざわざスイッチを押さなくても照明が点灯するのも良しです。

情報の確かさ

どうでしょうすごい情報でしょう。国内の完成品を買ったら1.3万円もかかるところ、たった999円でおうちの照明をスマート化できるんです。今使っているシーリングライトを捨てなくて済みますし、1.2万円も節約して、照明のスマート化が完了です!!!!!。これからもよろしくお願いします。

なお、アリエクスプレスでは、2200円程度で8畳用のスマートシーリングライトを調達できるようです。シーリングライトに、この電源スイッチを取り付けるスペースがない場合は、新規に2200円でスマートシーリングライトを個人輸入しても良いかもしれません。
日本の業者から買うと、高額な中抜き手数料を払う羽目になります。

また、電球タイプのスマートバルブは、1本500円でした。口径は日本のE26と互換性のあるE27です。電球タイプのほうが安上がりです。