振り返り

The U.S. jobs machine kept humming along in April, adding a robust 263,000 new hires while the unemployment rate fell to 3.6%, the lowest in a generation, the Labor Department reported Friday. Nonfarm payroll growth easily beat Wall Street expectations of 190,000 and a 3.8% jobless rate. Average hourly earnings growth held at 3.2% over the past year, a notch below Dow Jones estimates of 3.3%. Unemployment was last this low in December 1969 when it hit 3.5%. At a time when many economists see a tight labor market, big job growth continues as the economic expansion is just a few months away from being the longest in history. – Jeff Cox, “Jobs Surge in April, Unemployment Rate Falls to the Lowest Since 1969,”  May 3, 2019.

金曜日の雇用統計では、失業率が3.6%に落ちる一方、4月の米国求人数は堅調にハミングし続け、26万3000人の新規雇用者を追加しました。非農業部門雇用者数の増加は、ウォールストリートの予想を容易に上回りました。過去1年間の1時間あたりの平均収益成長率は3.2%で、ダウジョーンズの予想を3.3%下回りました。失業率は1969年12月の最後の3.5%を記録して以来の低水準でした。- Jeff Cox、「4月の雇用の急増、失業率は1969年以来最低に落ち込んでいる」。

President Donald Trump tweeted that he wants the economy to “go up like a rocket,” ratcheting up his efforts to badger the Federal Reserve into slashing interest rates… The Fed, as expected, left its key interest rate unchanged Wednesday after a two-day meeting… Here’s the rub: Trump is cheerleading for an excessively large rate cut for the wrong reasons, economists say. And his proposal, if enacted, carries unpalatable risks for a relatively modest reward, even putting aside the potentially bigger hazard that the Fed would jeopardize the public’s confidence in its independence if it were to follow Trump’s advice. -Paul Davidson, “Trump: Rate Cuts Would Make Economy Soar,” USA Today, May 3, 2019.

ドナルド・トランプ大統領は、経済が「ロケットのように上がる」ことを望み、連邦準備制度理事会の金利を引き下げようとする努力を加速させたいと述べた。予想通り、FRBは2日後の主要金利を据え置いた。トランプは、過度に大きな利下げを行うためにチアリーディングを行っています、とエコノミストは言います。そして彼の提案が、もし受け入れられば、連邦準備制度の自立への国民の信頼を危うくするであろう。-ポール・デイビッドソン、「切り札:利下げにより経済が急上昇する」米国2019年5月3日。

You can just feel the buoyancy, even overconfidence, of Jupiter in Sagittarius in the two quotes above. You can also sense the continued building of a possible “bubble” in the economy and stock market, and the development of a psychological attribute coined by former Fed Chair Alan Greenspan as “irrational exuberance.” This is the kind of collective attitude, encouraged by the president of the United States, that could cause investors to start becoming speculators in U.S. stocks, which is consistent not only with Jupiter in Sagittarius (where everything is “large”), but at the same time, in a  square aspect to Neptune in Pisces (delusion, illusion, and over-the-top wishful thinking). This is the kind of aspect that symbolizes grandiose thinking and placing large bets on the herd instinct. And the danger is that once it ends in December 2019, it immediately shape-shifts into the Capricorn Stellium involving the Saturn/Pluto conjunction starting in January 2020. Even Jupiter moves from the ever-expansive sign of Sagittarius (November 8, 2018-December 2, 2019) into the hardly ever-expansive sign of Capricorn. History shows a dramatic correlation: long-term stock market highs often occur with Jupiter in Sagittarius (2019), followed by a steep decline when Jupiter goes through Capricorn, often continuing as Jupiter ingresses into Aquarius and even Pisces in many cases (2020-2022). Jupiter was last in this set up in 2007-2009.

雇用統計の結果やFRBの金利据え置きという2つの出来事で、射手座の木星の浮力、自信過剰さえ感じることができます。また、感じ取れるのは、経済と株式市場における「バブル」の可能性の継続的な構築や、「非合理的な活気」として元FRB議長のAlan Greenspanによって考案された心理状態の発展です。これは、射手座の木星(すべてが「大きい」)と一致するだけでなく、同時に魚座の海王星とのスクエア(妄想、幻想、度を超した希望的思考)の側面においても一致しています。これは、壮大な思考と群れの本能に対する大きな賭けを象徴するような側面です。そして射手座が、2019年12月に終わると危険です。それはすぐに2020年1月に始まる土星冥王星のコンジャンクションを含む山羊座のステリウムに形を変えます。木星でさえも、射手座の絶え間なく広がるサイン(2018年11月8日 -  2019年12月2日)から、山羊座のそれほど広がりのないサインへと移行します。歴史は劇的な相関関係を示しています。射手座(2019)の木星では長期の株価の高値がしばしば起こり、その後木星が山羊座を通過すると急激な下落が続きます。 木星は2007-2009年にこの設定の最後でした。

On the very good news with the employment reports, stocks soared. The Dow Industrial Average was up nearly 200 points, but still well off its cycle high of 26,696 recorded on April 23, and even further off its all-time high of 26,951 on October 3, 2018. The NASDAQ Composite, on the other hand, soared to a new all-time high last Monday, April 29, at 8176, then closed very near it again on Friday, May 3, at 8164. The S&P made a new all-time high last week too, soaring to 2954 on May 1, and closing the week at 2945.

These upside breakouts in equities (minus the DJIA so far) are also consistent with comments stated in our last column of two weeks ago, stating, “We are about to begin a time band containing several important geocosmic signatures with historical correlations to reversals in many markets, April 22 through May 18. This time band will be bookended by the Sun/Uranus conjunction on April 22 and the Venus/Uranus conjunction May 18. Both involve Uranus, which makes this a very challenging period for both investors and market analysts, since Uranus pertains to the unpredictable. In most cases, such periods coincide with reversals. But in a surprisingly large percentage of cases, such Uranus signatures also have coincided with sharp breakouts of well-defined resistance and support zones, leading to new highs in some markets and new lows in others. The stock market is nearing new highs…. this surge up to new highs can be associated with the Sun/Uranus conjunction in Taurus (money and stocks) this Monday, April 22. It is possible that these breakouts will continue, or resume, near the time when Venus conjoins Uranus on May 18, again in Taurus, the ruling of sign of Venus.”

雇用レポートの非常に良いニュースでは、株価が急上昇しました。ダウ平均株価は200ポイント近く上昇しましたが、4月23日に記録された26,696ポイントは、サイクルの最高値をはるかに下回り、さらに2018年10月3日の過去最高の26,951ポイントを下回りました。NASDAQは、先週の4月29日月曜日の8176ポイントで史上最高値を更新し、その後5月3日の金曜日の8164ポイントで再び最高値を更新しました。

株式におけるこれらの上方ブレイクアウト(今のところDJIAはマイナスですが)はまた、2週間前の私たちの最後のコラムに記載された次のコメントと一致していた。

「4月22日から5月18日まで、多くの市場で逆転との歴史的相関を持ついくつかの重要な地質学的シグネチャを含む時間帯が始まろうとしています。この時間帯は4月22日の太陽と天王星のコンジャンクションと金星と天王星のコンジャンクションによって予定される5月18日の両方を含みます。天王星は予測不可能なものであるため、これは投資家にとっても市場アナリストにとっても非常に困難な時期です。ほとんどの場合、そのような期間はトレンドの逆転と一致します。しかし、驚くほど多くのケースで、そのような天王星のシグネチャはまた、明確に定義されたレジスタンスおよびサポートゾーンの急激なブレークアウトと一致しており、一部の市場では新高値、その他の市場では新安値を記録しました。株式市場は新たな高値に近づいています。この新高値までの急上昇は、4月22日月曜日の牡牛座での太陽と天王星のコンジャンクションに関連している可能性があります。これらのブレイクアウトは、支配星の牡牛座で金星が天王星にコンジャンクションする5月18日まで続くか、そこから再開する可能性があります。」

This period has also proved to be favorable to Bitcoin, which broke out to a high of $5796 on Friday, its highest level in nearly 6 months. However, it had the opposite effect on Gold, Silver, and Crude Oil, which fell hard. Gold and Silver both made new cycle lows on Thursday. But Friday’s employment reports changed all that. Silver was especially impressive, rising 32 cents on Friday. I think traders also sense the Jupiter in Sagittarius, which – despite what the Fed and the White House say – suggests that the seeds of inflation may be hidden, but readying to sprout in the payroll report numbers. Yes, excluding food and energy, inflation seems tame. But food, and especially energy itself, are showing signs that they may not be so tame soon. And the costs to travel have been soaring lately. Jupiter and Sagittarius rule travel. You may wish to monitor the travel industry closely, for after prices peak with Jupiter in Sagittarius (2019), they tend to come down hard when Jupiter moves through Capricorn in 2020.

この期間はまた、金曜日に最高5796ドルに達したBitcoinにとって有利であることが証明されました。しかし、それは金、銀、原油には逆の影響を及ぼしました。金と銀は両方とも木曜日に新しい安値を記録した。しかし、金曜日の雇用統計はそれをすべて変えました。銀は特に印象的で、金曜日に32セント上昇しました。トレーダーも射手座の木星を感知していると思います。それは、FRBとホワイトハウスが言っていることにもかかわらず、インフレの種は隠されているかもしれないが、雇用統計の数値を書き出す準備きできていることを示唆しています。食料とエネルギーを除いて、インフレは鈍いようです。しかし、食料、そして特にエネルギーは、それらが間もなくそれほど低インフレで飼いならすことができないかもしれないという兆候を示しています。そして旅行のコスト(燃料費)は最近急増しています。 木星と射手座は旅を支配します。 旅行業界を注意深く監視することをお勧めします。射手座(2019年)で木星がピークを迎えた後、2020年に木星が山羊座を通過するとき、旅行業界は、激しく下落する傾向があります。 

短期の視点

Honor thy mother and father that it may be well with thee and thou mayest live long on the earth – the fifth of the Ten Commandments, Exodus 20: 2-17, the Bible, King James version.

Mothers all want their sons to grow up to be president, but they don’t want them to become politicians in the process. – John F. Kennedy

We are right in the middle of that time band containing several important geocosmic signatures with historical correlations to reversals in many markets, April 22 through May 18. Gold and Silver are falling to new lows for 2019, while stocks and Bitcoin are making new highs.

  • あなたのお母さんとお父さんはあなたとうまくいっていることを尊重し、あなたは地上で長生きすることができます -十戒の第五、出エジプト記20:2-17、聖書、ジェームズ王版
  • 母親は皆、息子が大統領になるために成長することを望みますが、その過程で彼らが政治家になることを望みません。 - ジョンF.ケネディ

私たちは今ちょうど、4月22日から5月18日まで、多くの市場で逆転との歴史的な相関関係を持ついくつかの重要なジオコスミックシグネチャを含むタイムバンドの真ん中にいます。金と銀は2019年にかけて最安値を更新しましたが、株式とビットコインは最高値を更新しました。

This week is particularly active. On Sunday, May 5, Mars will form an opposition to Jupiter which can relate to extreme euphoria or recklessness. It is a time when some people may blurt out what is really on their mind, without thinking about the consequences and reactions from others it may generate. This is not an aspect of tactfulness or self-control. It can be blunt and offensive, careless and stupid, if not controlled, especially with Mars now in the talkative sign of Gemini. It would be wise to avoid speaking or tweeting on impulse, especially if your intent is to be self-congratulatory and attempt to solicit praise for whatever it is you are doing. Instead of praise, you may elicit the ire of others for arrogance, if not careful.

今週は特にアクティブです。 5月5日日曜日に、火星は木星にオポジションを形成するでしょう。これは極度の多幸感や無謀さに関連する可能性があります。それが生み出すかもしれない他者からの結果と反応について考えることなく、頭に浮かんでいることを曖昧にしてしまう人が多い時です。これは、巧妙さや自制心の側面ではありません。コントロールされていない場合、それは鈍くて不快で、不注意で愚かなことがあります。特に火星の双子座はおしゃべりなサインです。衝動について話すことやつぶやくことを避けるのが賢明でしょう。特にあなたの意図が自己祝福的で、あなたがしていることが何であれ、それに対する賞賛を求めることを試みるのであるならば、避けましょう。慎重でないならば、賞賛の代わりに、傲慢のために他人の怒りを引き出すかもしれません。

On Tuesday-Thursday, May 7-9, Venus in Aries will form a square to the Saturn/Pluto conjunction in Aries. That isn’t likely to help the problems created under Mars opposed to Jupiter. In fact, it probably represents the reprehension and consequence of one’s untamed and self-indulgent behavior. Pack it in (your impulse) if you are tempted to let your uncensored self loose, which would probably be a very bad idea. In terms of markets, however, we have this rule that any market declining into this type of an aspect becomes an attractive candidate to buy. Since Venus rules Soybeans, and Soybeans are making new cycle lows, this may be a market to watch for a potential buying opportunity.

5月7日から9日までの火曜日から木曜日に、牡羊座の金星は、牡羊座の土星冥王星コンジャンクションにスクエアを形成します。それは、火星と木星のオポジションで発生した問題を助けることになるでしょう。実際には、それはおそらく、 手付かずの自己耽溺行動の表現と結果を表しています。規律のないゆるみを許可して、感情に詰め込もうとするのであれば、これはおそらく非常に悪い考えです。

しかし、マーケットに関しては、このようなアスペクトに陥っている市場は魅力的な購入候補となるという規則があります。 金星は大豆を支配しており、大豆は新しいサイクルの安値を作っています。これは潜在的な購買の機会に注目する市場かもしれません。

This is followed by the Sun in Taurus making a favorable trine to the Saturn/Pluto conjunction in Capricorn, May 11-13. This is a favorable cosmic combination for making long-term plans, or initiating activities that will have a long-term favorable outcome if you stick with the idea. It is favorable for business decisions and investments that have a longer-term horizon. The results may not show up right away, so patience and belief in the idea are essential to capitalize on this dynamic. It is also a favorable time to honor those who are legends in your world, in your mind. It just happens to fall on Mothers’ Day this year, so this is likely to be very special and rewarding celebration for many families.

これに続いて、5月11日から13日にかけて、牡牛座の太陽が山羊座の土星冥王星コンジャンクションに有利なトラインを作ります。これは、好ましいコズミックコンビネーションであり、あなたが固執しているのであれば、その長期的な計画を立てたり、その活動を開始することが、長期的に好ましい結果をもたらします。長期的な展望を持つビジネス上の意思決定や投資には有利です。結果がすぐに表されない可能性があるので、アイデアに対する忍耐力と信念が、このアスペクトの力を利用するのに不可欠です。あなたの心の中で、あなたの世界で伝説的な人々を称えるのも好ましい時です。今年はちょうど母の日にあたるので、これは多くの家族にとって非常に特別でやりがいのあるお祝いになるでしょう。

感想

基本的には、2週間前の予測から変更はないようです。

  • 4月22日から5月18日まで、多くの市場で逆転との歴史的な相関関係を持ついくつかの重要なジオコスミックシグネチャを含むタイムバンドの中にいる。金と銀は最安値を更新したが、株式とビットコインは最高値を更新した。
  • 上方ブレイクアウトは、支配星の牡牛座で金星が天王星にコンジャンクションする5月18日まで続くか、そこから再開する可能性がある。

ビットコインと株が、ここで、ピークとなるか抜けていくのか重要なタイムバンドにあるということです。

また、5月5日火星木星オポジションで、良い気分になって迂闊な発言をしてしまうと炎上するとのことです。5月11日から13日にかけては、長期的な展望を持つ投資に有利とのことです。




下記からの引用です。

https://mmacycles.com/index.php?route=blog/article&category_id=1&article_id=249