1月14日に出されたメリマン氏のレポートを簡単に翻訳しました。

米国の債務について

Federal Reserve Chairman Jerome Powell is concerned about the ballooning amount of United States debt. "I'm very worried about it," Powell said at The Economic Club of Washington, D.C. The Fed chief's comments came as the annual U.S. deficit reaches new sustained highs above $1 trillion, a fact many economists worry could spell trouble for future generations. Annual deficits have topped $1 trillion before, but never during a time of sustained economic growth like now, raising concern about what would happen if a recession hits… Total U.S. debt is about $21.9 trillion. Fitch Ratings — one of the top credit rating agencies that analyzes companies and governments alike — said Wednesday that the ongoing government shutdown could soon start to impact its ability to pass a budget and could impact the government's triple-A sovereign score. – Thomas Frank, “Fed Chairman Powell “Very Worried” About Growing Amount of U.S. Debt,” https://www.cnbc.com, January 10, 2019.

連邦準備制度理事長パウエルは、「膨大な量の米国債務について懸念している。非常に心配だ」とワシントンDCのエコノミッククラブで述べた。年間赤字は1兆ドルを突破したが、現在のような持続的な経済成長の時期に起こったことはなく、不況が発生した場合にどうなるかについての懸念が高まっている。Fitch Ratingsは、進行中の政府閉鎖が、間もなく予算を通過させる能力に影響を与え始め、政府のトリプルAソブリンスコアに影響を与える可能性があると水曜日に述べた。-連邦政府のパウエル議長は米国債務の増加について「非常に心配」と述べた。

ブレグジットについて

British lawmakers are set to vote on Prime Minister Theresa May's much-maligned Brexit deal on Tuesday (January 15), with less than three months to go before the U.K. is set to leave the European Union. Remarkably, May's template to exit the bloc faces virtually certain defeat. That leaves the prospect of a complete collapse of government, a disorderly exit from the bloc or even the entire Brexit process being scrapped altogether over the coming weeks…. Westminster must now either accept the government's plans for a structured exit and relatively close economic ties with the EU or reject it and spawn massive uncertainty over the country's next steps. – Sam Meredith, “A Crunch Brexit Vote is Coming That Could Trigger Even More Political Chaos, https://www.cnbc.com, January 11, 2019

驚くべきことに、メイ首相のブロック脱出のテンプレートは事実上一定の敗北に直面している。政府の完全な崩壊、ブロックからの無秩序な脱出、あるいはBrexitプロセス全体が今後数週間で完全に廃止されるという見通しさえあります。ウェストミンスターは今や、計画的脱退とEUとの比較的緊密な経済的結びつきに関する政府の計画を受け入れるか、さもなければ、それを拒絶してその国の次のステップに大きな不確実性を生み出すかのどらかだ。政治的混乱をさらに引き起こす可能性のある、厳格なBrexit投票が到来している。

1/18からの6日間について

All the wild swings experienced in December and early January seemed to pause as global stock markets rose steadily for most of last week. This may be related to the approaching first passage of Jupiter square Neptune this weekend, January 13. Unlike Uranus, which is wild and has been extremely strong through January 9, the influence of Neptune is more like floating on a raft on a sunny day in a calm lake with no wind and no worries. It’s passive, which to a trader, is akin to being complacent. And therein lies the danger as we head into more Uranus aspects, without the benefit of much Neptune, later this forthcoming week. If there is no real “bad” news or disturbing tweets suddenly launched, investors are apt to find reasons to invest, supporting gradually rising equity prices. Stock markets around the world, were generally higher last week, with some (like the DJIA) now up over 10% since their lows of December 26. In the 12 trading sessions following that low, the DJIA has been up 9 days. And one of the days it was down was Friday, January 11, when it fell only five points. During this same 12 days, the DJIA rose over 2300 points from low to high. It is this this type of market behavior that can lead to the complacency often associated with Neptune, which turns into vulnerability when disturbing news, a la Uranus, does hit the market. This is due again January 18-21, +/- three days.

世界の株式市場が先週の大半にわたって着実に上昇したため、12月と1月上旬に経験したすべての激動は一時停止したようです。これは1月13日、今週末の木星海王星スクエアの初通過の接近に関連しているかもしれません。1月9日まで非常に強かったワイルドな天王星とは異なり、海王星の影響は晴れた日に風も心配もない静かな湖でいかだに浮かぶようなものです。それは受動的であり、トレーダーにとっては不満であるようです。そして今週の後半に多くの海王星の恩恵を受けずに、我々がより多くの天王星のアスペクトに向かうとき、そこに危険があります。本当の「悪い」ニュースや不愉快なつぶやきが突然開始されない場合、投資家は投資する理由を見つける傾向があり、徐々に上昇する株価を支持します。世界中の株式市場は、先週一般的に高く終わり、先月26日の安値から10%以上も上昇しているDJIAのようなものもあります。底値以降の12回のトレードセッションでは、DJIAは9日間上昇しています。そしてそれがダウンした日の1つはそれが5ポイントだけ落ちた1月11日金曜日でした。この12日間で、DJIAは最低から最高まで2300ポイント以上上昇しました。海王星に関連付けられている自己満足に導かれている可能性があるこのタイプの市場の挙動は、天王星の影響による乱らなニュースが来た時に脆弱に変化し、市場を直撃する。これはまた1月18日から21日までと、その+ 3日間におこり得る。

天王星について

Since one of the astrologer’s creeds is “As above, so below,” it is not hard to find a fundamental explanation for both the mild waters last week and the pleasant, dreamlike qualities of an expansive Jupiter/Neptune. The vote on the Brexit deal didn’t happen last week. It happens January 15, right in time for the next dose of Uranus. With Jupiter still very close to a square to Neptune, the investment world wonders if anyone really has a clue as to what the UK wants and what they are going to do. They might find out in the next week. Or, they might find out that they really don’t have a clue as to what they really want, and instead of the vote clarifying the issue, it just becomes more and more muddled, which is kind of like the normal state of mind when Jupiter squares Neptune. It’s a pleasant day on the raft in the lake when you have nothing to do, nothing taking place that can disturb you. But when you try to make something happen, it is more like falling off the raft and realizing you are now in quicksand. You are stuck and no one is helping. They are just watching and thinking: why did those people try to get off the boat there, in the mud, instead of steering to a safe shoreline for secure docking?

占星術師の信条の1つは「上ならば、下へ」なので、先週の穏やかな海域と心地よい夢のような広大な木星/海王星の両方の根本的な説明を見つけるのは難しくありません。Brexit取引への投票は先週起こらなかった。それは1月15日、次の天王星に間に合うように起こります。木星がいまだに海王星のスクエアに非常に近いので、投資界は英国が何を望んでいるのか、そして何をしようとしているのかについて誰かが本当に手がかりを持っているかどうか疑問に思います。彼らは来週発見するかもしれません。あるいは、彼らが本当に欲しいものについての手がかりを本当に持っていないことを知るかもしれません。そして問題をはっきりさせる投票の代わりに、木星海王星スクエアの日常のように、それはただもっと普通に混乱するようになります。湖のいかだで楽しい一日を過ごすのに何もしなくても、邪魔になるような場所はありません。しかし、何かを起こそうとするとき、それはいかだから落ちて、あなたが今流砂に入っていることに気づくようなものです。あなたは動けなくなり、誰も助けません。彼らはただ見ているだけで、思考しています。安全なドッキングのために安全な海岸線に向かうのではなく、なぜ泥の中でボートから降りようとしたのでしょうか。

直近の上昇について

Of course, the same could be said about the recent attitude change taking place with the Federal Reserve Board too, as it decided it can now be “patient” with regard to any further rate hikes. And on that news, the U.S. Dollar fell, which gave support to currencies, crude oil, and precious metals. Crude oil rose to $53.31 on last week’s high, an appreciation of over 25% from its low of $42.36 on December 24. What a difference a couple of weeks makes. We might be saying that again in reverse in the next two weeks.

もちろん、連邦準備制度理事会との間で行われている最近の態度の変化についても同じことが言えるでしょう。そしてそのニュースで、米ドルが下落しました。そしてそれは通貨、原油、そして貴金属をサポートしました。原油は先週の最高値で53.31ドルまで上昇し、12月24日の42.36ドルの最低値から25%以上上昇した。次の2週間でまた逆のことをやっているかもしれません。

火星土星スクエアと金星木星コンジャンクション

There is another cosmic storm approaching on the horizon, literally and figuratively. On January 18, the Sun will square Uranus, followed by a lunar eclipse as the Sun enters Aquarius on January 20-21. Also, on January 21, Mars will square Saturn, which is anything but a pleasant day on a raft in a peaceful lake. It is more like an attack of mosquitos biting into your sunburnt skin. Yet, this is also in the midst of Venus forming a conjunction with Jupiter, which is very nice, but in square to Neptune, January 20-22. One group of signatures suggests another market dive. The other suggests a sudden recovery. This might imply that the USA government shutdown reaches a climax and resolutionthen (January 18-25). The impasse is frustrating and drives the market down, but the resolution is sudden and welcomed, and drives the market higher. But keep in mind that everything is short-term here.

文字通りそして比喩的に、地平線に近づいているもう一つの宇宙の嵐があります。1月18日に太陽が天王星をスクエアし、1月20日から21日に太陽が水瓶座に入ると、その後に月食が続きます。また、1月21日に、火星は土星を直撃するでしょう。それは平和な湖のいかだでの楽しい1日とは決して呼べません。それはあなたの日焼けした肌に噛みつく蚊の攻撃のようなものです。それでも、これは金星が木星とのコンジャンクションを形成している最中でもあります。火星土星スクエアは別のマーケットダイビングを示唆しています。もう1つの金星木星結合は突然の回復を示唆しています。これは、アメリカ政府の閉鎖が最高潮に達し、その後決議を下したことを意味するかもしれません(1月18〜25日)。行き詰まりはイライラして市場を牽引しますが、決議は突然そして歓迎され、市場をより高く牽引します。ただし、ここではすべて短期間であることに注意してください。

射手座の木星

We have to keep our eyes focused on Jupiter in Sagittarius for most of this year. Even though it squares Neptune, which has the potential for market hysteria and panic, the history of this Jupiter in Sagittarius is more bullish than bearish, so it can also correlate with a market bubble. My guess is that we are entering a period much like early 2008. The stock market made an all-time high in October 2007, the previous time that Jupiter was in Sagittarius. Equity prices then came down hard in late January, and the Fed was forced to create more liquidity. After bottoming in late January, the Fed’s serious monetary easing lifted the stock market back up into May 2008. Once again, the USA stock market topped out with a new all-time high in October 2018. It then had a serious fall into late December, almost three months long like October 2007-January 2008. Then, in the past few days, the Fed came in and started messaging monetary easing (or at least, it backed off from its somewhat aggressive rate-hiking direction), and the stock market started to recover nicely. Maybe December 26-27 was the 4-year cycle low, and this rally can continue for a few months while Jupiter is in Sagittarius, lulling everyone back into complacency believing the danger period has passed.

今年のほとんどの期間、射手座の木星に目を向けなければなりません。市場のヒステリーやパニックの可能性がある海王星スクエアを形成していますが、射手座のこの木星の歴史は弱気よりも強気ですので、市場バブルと相関することもあります。私達の推測は私達が2008年初めに非常に似た期間に入っていることである。株式市場は木星が射手座にいた前の2007年10月に史上最高を記録した。その後、1月下旬に株価が大幅に下落し、FRBはより多くの流動性を生み出すことを余儀なくされました。1月下旬に底を打った後、FRBの深刻な金融緩和は2008年5月まで株式市場を持ち上げました。もう一度考えよう。米国の株式市場は2018年10月に新しい史上最高値で突破しました。それからそれは12月下旬に深刻な下落をしました、2007年10月から2008年1月までの約3ヶ月。その後、過去数日間で、FRBは金融緩和をメッセージングし始め(少なくとも、やや積極的な金利引き上げの方向性から後退)、株式市場はうまく回復し始めた。12月26日から27日はたぶん4年サイクルの安値だった。木星が射手座にいる間、このラリーは数ヶ月間続くことができます。そして、危険な期間が過ぎたと信じて、全員を満足に戻します。

山羊座のステリウム

And then Wiley E Coyote comes to the “Edge of the Cliff” and has to decide whether to jump, or go back down and face the more important real wall (“Capricorn Stellium” of 2020) that is being built, which is a wall of debt.

それからワイリーEコヨーテは「崖の端」にやって来て、ジャンプするのか、それとも下に戻って、建造された重要な本物の壁(2020年の「山羊座ステリウム」)、すなわち借金の壁に面するのかを決めなければなりません。

出典 mmacycles.com

感想

ポイントとしては、1/18の太陽天王星スクエアが凶兆ですが、1/21に火星土星スクエアと金星木星コンジャンクションが同時に起こるため、1/18の急落後、1/21に吉兆のシグナルが交わることによる影響があるとのことです。

短期間にシグナルが立て続けに出るため、変化が激しくなるとのことです。

つまり、1/18-1/21は波乱含みですが、金星木星コンジャンクションの影響が出てくると、相場は、射手座木星に支配されているため、数カ月程度、ラリーを続ける可能性があるとのことです。

しかしながら、。次の2週間でまた逆のことをやっているかもしれないという予測もしており、上下の影響が入り乱れる非常に難しい期間といえそうです。







金融占星術入門
山中 康司
パンローリング
2005-08-26