2019年の予定

さて、私も3日でアストロジーの専門家になりました。今後の予定を確認していきたいと思います。まず、今まで起こってきたことを整理すると、土星山羊座と金星逆行が相場のピークを示しました。

2019年は木星海王星スクエア、キチンサイクルの終結、木星山羊入りが控えています。

  • 2017/12/20 土星山羊座0 ★BTCピーク
  • 2018/10/06 金星逆行 ★株価ピーク
  • 2019/01/13 木星海王星スクエア ★拡大×曖昧の凶角
  • 2019/06/16 木星海王星スクエア 
  • 2019/09/21 木星海王星スクエア 
  • 2019/11/30 キチンサイクル終結
  • 2019/12/03 木星山羊座0

2020年の予定

2020年は、ともに凶の星である土星冥王星のコンジャンクション、5月の金星逆行、11月以降はイベント目白押しで木星土星グレートコンジャンクション、木星水瓶座イングレス、木星土星冥王星トリプルコンジャンクションが控えています。

  • 2020/01/13 土星冥王星コンジャンクション
  • 2020/05/13 金星逆行
  • 2020/11/19 木星土星グレートコンジャンクション 
  • 2020/12/19 木星水瓶座0
  • 2020/12/22 木星土星冥王星トリプルコンジャンクション

2021年の予定

2021年は、魚座イングレスした木星がつ7月28日から12月28日まで水瓶座に戻ってきます。12月に金星逆行となります。その後、12月29日に木星は魚座に移行します。

  • 2021/05/14 木星魚座0
  • 2021/07/28 木星水瓶座29
  • 2021/12/19 金星逆行
  • 2021/12/29 木星魚座0

2022年以降の予定

2022年は、木星海王星コンジャンクションの翌月にジュグラーサイクル終結となります。そして翌年、1月にキチンサイクル終結、7月に金星逆行となります。

  • 2022/04/12 木星海王星コンジャンクション
  • 2022/05/31 ジュグラーサイクル終結
  • 2023/01/31 キチンサイクル終結
  • 2023/07/23 金星逆行

1921年から1942年

それでは、世界恐慌時のダウ平均株価の値動きを見ていきます。

1929年4月に土星が山羊座へイングレスしたとほぼ同時に、金星逆行が起きて、4カ月目の1929年8月に相場はピークとなりました。

1929年5月に木星海王星がスクエアとなってから、1932年9月コンジャンクションへ至る1932年6月に底打ちしています。

この時の木星土星グレートコンジャンクションは、1921年と1942年でサイクルの始点・終点となっていました。

1936年12月に木星が山羊座へ入居してから3カ月の1937年3月に金星逆行と重なった相場はピークとなり、大きな下落を経験しています。

木星水瓶座の 4カ月目で底打ちしています。

1939年3月木星海王星オポジションから1942年4月木星海王星スクエアに至る過程で相場は下落して、1942年3月に底打ちしています。これは、オポジションとスクエアともに凶角であるためです。

dji












1961年から1981年

日経平均については、1959年から1961年12月までの土星山羊座の間にある、1961年7月に相場がピークを打ちました。1964年東京オリンピックを挟んで1965年7月まで下落しています。


nk61










1982年から2003年

日経平均については、1983年から始まったジュグラーサイクルのピークである1988年に土星山羊座入りして、1989年12月金星逆行でピークとなり、激しい下落を経験しています。

1993年9月の木星海王星スクエア後には相場が急落しています。この時も、木星海王星スクエアはオポジションを起点とするものでした。

1996年6月に木星山羊座から6カ月目で金星逆行と重なり、相場は下落に手感じています。

木星土星グレートコンジャンクションは、1981年と2000年でサイクルの始点・頂点となっていました。

2000年の木星海王星がスクエアは、オポジションに向かう途中でのピークとなっています。

nk












2002年から2023年

2007年8月の金星逆行でピークを付けた相場は、2007年12月木星山羊座入りの6か月目以降に下落を加速させました。木星が水瓶座入りして 3カ月後に底打ちしました。

この時も、2006年の木星海王星スクエアが、2009年4月のコンジャンクションに向かう途中の2009年3月金星逆行で底打ちとなっています。

その後、2017年12月に土星が山羊座入りしてビットコインバブルが崩壊して、木星蠍座の最終月である2018年10月金星逆行で株価がピークを付けました。

なお、木星射手座に入ってからは、株価は下落しているものの、木星が山羊座入りしてから6カ月目の2020年5月金星逆行は戻り高値となる可能性があります。

木星土星グレートコンジャンクションは、2000年に相場のピークとなっていますが、2020年11月はどうなるのでしょうか。おそらく2002年からのサイクルを終結させる働きがあるので、このコンジャンクションの直前は非常に強い動きとなることが予想されます。

底打ちへ向けた動きは、2020年11月のグレートコンジャンクションから感じ取られ、2020年12月に木星が水瓶座入りしてから 2カ月目の2021年2月にはより近くに感じられるようになるでしょう。

2021年2月は、木星が水瓶座入りしてから2か月目ににあたりますので、これ以降、底値圏での動きとなり、しばらく、相場底ばいステージとなることが予想されます。

2019年に起こる木星と海王星のスクエアは、2022年4月の木星海王星コンジャンクションまでに相場が底打ちへ向けて動くことを暗示しており、2021年12月の金星逆行に注目です。

2022年5月はジュグラーサイクルの終結点となっています。この終点を前にした2021年12月に金星逆行があるのが楽しみです。

2022年の相場も低空飛行でしょうが、4月にようやく木星海王星コンジャンクション、5月にジュグラーサイクル終結となっており、ようやく安定的に上を目指せるステージに入りそうです。


dji2














nkf
















金融占星術入門
山中 康司
パンローリング
2005-08-26





占星術完全ガイド ――古典的技法から現代的解釈まで
ケヴィン・バーク
株式会社フォーテュナ
2015-09-02