資産運用の地獄
始まりましたね。これから本当に資産運用の地獄が始まりますよ。2013年ビットコインバブルの後に何が起きたのでしょうか。2015年に株価が崩落して、2016年初めに大暴落しました。2017年のビットコインバブル崩壊で気付かなかったということが致命的でした。これは、経済はすべてつながってるということなのです。2013年ビットコインバトルの崩壊後、株価の底打ちは3年後の2月でした。今回も同じように連動すると仮定しますと、株価は 2020年の初めまで調子が悪そうです。こういう時期には何もしないにこしたことありません。世の中は崩壊に向かって進んでいきます。

改元で何が起きるか
1925年昭和になってから、1927年昭和恐慌、1929年世界恐慌、1932年まで株価は下落その後も景気は回復せず、1937年日中開戦、1941年日米開戦となりました。1989年平成となってから、同年末にバブルピークをつけ、1992年まで暴落その後も株価の戻りは鈍く1997年山一破綻、平成を通じて高値は奪還できませんでした。


株価の推移は次のとおりです。
004
001002




















































複合循環とジャンク債

image

image


さて参考に二枚のチャートを示します。一枚目のチャートです。これはエドワードデューイという経済循環の研究家が示した手法によって日経平均株価の10年と3年のサイクルをえがいたものです。

ここから先は触れるべからず。

二枚目のチャートです。ジャンク債の長期チャートとナスダック指数のチャートです。ジャンク債が下落を始めまして、少なくともこの傾向は9カ月以上続くと仮定されます。株価が底打ちするのは、早くても 2020年ごろになりそうです。

世界恐慌が繰り返す。

非常に不気味なのは、このタイミングが世界恐慌や ITバブル崩壊、リーマンショックの時と全く同じなのです。


image

image

image

image


次の買いシグナルが出るのはいつ

もう何もかもが崩壊するステージに入ってしまっていて、ただ見てるだけです。しばらくきつい局面が続きますが、買いシグナルが出るのを待とうと思います。