フィットビットの分析を行います。今回の決算では非常に良いものが出ましたので、今後に期待です。

しかしながら、マネックス証券が米国株版トレードステーションを廃止してしまいました。そのため、分析環境が劣化してしまい、仕方がなく、無料のサイトから情報を拾ってきて分析します。

今回お世話になったサイトは、ザックスとマクロトレンドです。

売上とEPSの二次元プロット

このグラフの縦軸は BPS、横軸は売上高です。

毎年、年末に向けて勝負を打ってきて敗れ去ってきたのが今までの経営戦略でした。特に、2016年はひどい結果になりました。

2017年も手を変え品を変えましたが、黒字化は達成できませんでした。そして、2018年は、スマートウオッチにシフトしたことにより利益率が高まり、年末に向けてよいスタートを切ることができました。

image

売上高と EPSの時系列推移

image

株価と売上高の時系列推移

image

株価とEPSの時系列推移

image

四半期売上高とその対前年四半期成長率

image

四半期EPSとその対前年四半期成長率

image

image

四半期EPSとその市場予測からの超過率

image

ゲームチェンジを引き起こしたブロックバスターは何か

業績を急回復させることができた商品は次の通りです。






Fitbit フィットビット フィットネストラッカー Charge3 バッテリーライフ最大7日間 睡眠ステージ記録 歩数&距離&カロリー記録 防水50m仕様 着信/SMS/アプリ(LINE/Twitter/Facebook)通知 24時間心拍測定 エクササイズモード 女性の体調管理 Black/Graphite Aluminium L/Sサイズ【日本正規品】 FB410GMBK-CJK
Fitbit