カネとは何か

聖路加国際病院の日野原先生の死の半年前のインタビューが公開された。

105歳においてなお、死は怖い。そして死ぬ直前は、どんな金持ちであろうとカネはあの世に持っていけない。

世の中には、今、良く生きるためにカネを追い求める人々がいる。とても正常な行為だ。カネがなくては、生きていけない。これは事実だ。

でも、そのカネを得た後、本当に自分のやりたいことはなんだったのか、大事なことを置き去りにしてこなかったか、真剣に考えたほうがいいい。

カネだけがとにかく優先される世の中では、カネさえあればという風潮が蔓延して、カネを稼ぐことそのものが優先されがちだ。

でも、そのカネは結果にすぎない。カネを得るためには、本当に地道な努力と平凡な人々との紙一重の差で生き残る。

カネを得るためには

カネを得るためには、10年どころか30年も犠牲にする。実はそういうことが多い。

ホンダジェット

米国に研究者が渡米してから30年近くでようやく花開く

CISソーラーパネル

昭和セルが15年かけて開発し、世界最高率のパネルに

マークミネルヴィニ

投資で大成するまであしかけ6年。私は10年。

心技体すべてを磨かなければいけない。

目の前の表層的な部分だけを捕まえることができて、投資で儲かったと勘違いするのが、ほとんどの投資家です。でも、それではほとんどの投資家が恐慌で脱落していく。

特に、相場の世界の成功者は片手で数えるほどしかいない。

結局どうすればいいのか。

世の中に答えはない。これが真実です。