さて、仮想通貨ビットコインの季節性でも検証しましょうか。とにかく、情報が少なすぎて困ります。情報がなければ、自分で作るしかありません。それでは過去の値動きを見ていきます。


2010

2010年10月7日から上昇。

image

2011

ドルの下落に合わせて、2011年6月9日まで上昇し、11月19日に底打ち。

image

2012

2月17日に底打ちし、半年継続。10月27日に底打ち。

image

2013

4月10日ピーク。7月6日底打ち。12月5日ピーク。たぶん、アベノミクスと連動している。

image

2014

1月7日ピーク。4月11日底打ち。6月4日ピーク。

image

2015

1月15日、8月25日底打ち。8月の底打ちは上海ショックと連動。

image

2016

2月4日底打ち。6月17日ピーク、8月3日底打ち。2月のドルピークと連動。

image

2017

1月12日底打ち。2011年、2015年の相似形だと考える。

image

要約すると季節性はこうです。

image

image

image

8月末日から9月にかけて仕込むのがベストです。7月8月で大きめの調整を見たほうがいいです。(表の下半分の1から6の行は間違えてキャプチャしてしまったので無視してください。)

イーサリアムの傾向

上場から間もないですが、イーサリアムは、10月から12月にかけて底打ちして5月から6月にかけてピークとなる傾向があります。

image

まとめ

今年のビットコインは、2011年のチャートに似ています。リバランスや買い増しは、8月以降から11月までに実施するのが望ましそうです。

また、イーサリアムの傾向を見ても、6月頃にピークを付けて、7月から8月にかけて夏枯れ相場となりそうです。

仮想通貨の買いは8月後半に入れるべし。







※成長株投資法です。






※預金封鎖、資産課税に備えた金貨投資を奨めます。

 

【マネックス証券のトレードステーションについて】
 本稿では、マネックス証券のトレードステーションによりチャートの作図をしています。トレードステーションは全米最高の評価を受けるトレーディングソフトであり、自動売買機能はもとよりあらゆるテクニカル・ファンダメンタルズの指標をプロットすることができ、あなたの独自アイディアをプログラミングで直ぐに生かすことができます。決して損にはなりませんので、すぐにマネックス証券に口座開設しましょう。
 

TDシーケンシャルについて】
 TDシーケンシャルは難解ですが、非常に有用なツールです。トレードステーションで用いているTDシーケンシャルのEasy Languageによるプログラムコードについては、人数限定かつ有料で下記で公開しています。
TDシーケンシャルのプログラムコード(Easy language)



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin