OSA2KOSAO3 2010年3月15日に買い持ち、天井を付けたのを嫌気して5月7日に手仕舞い。本銘柄については、月足で見れば2000円から4000円のレンジで動いており2008年10月と2009年11月に底を付けてダブルボトムを形成している。また、2010年に入ってからはトリプルボトムの形成には至っていない。2009年11月に2000円で底を付けたと見て、2010年3月15日に買いエントリーをしたが、ゴールデンウィーク明けに急落したことから5月7日に決済した。その後6月に2800円で底をつけた後、4000円に到達後、固まっている。ちょうど2010年4月に日経平均がピークを迎えたことから、決済時に局面の変化は読めていた。6月以降は、チタン需要拡大による設備投資拡大計画を好感して再び4000円台近傍に回帰しているが、回帰する流れに乗らなかったのは、市場が下降局面へと変化していることから、賢明かつ保守的な選択だったといえる。今後、レンジを破った場合は、大きく上放れするが、その時期まで5年程度の日柄が必要だろう。