NK




例年ゴールデンウィーク明けから弱含むことから、5/1売り実行、9/3買い決済。
敗因としては、キチンサイクルの上昇局面に入ったにもかかわらず、ジュグラーサイクルが下降期だから弱含むとみたことにある。この期間ウォッチャー指数は買いシグナルを発しており、典型的な局面の見誤りである。
短期循環の底打ちが数か月で早く終わると考えた。一部銘柄で2009年6月に天井をうったものの、指数銘柄は2010年4月まで続伸することとなった。局面変化の見誤りである。