○本件に関する私の論考
ほぼシナリオとおりに景気の流れは進んでいます。来年はクリフが待ち受けている非常に険しい一年になります。まず最初に資産価格が膨れ上がりゴールドマンサックスの分析とおりにバブルが2011年の年初めに形成されます。以後は断崖絶壁のクリフがの待ち受けており、資産価格の崩落が、キチンサイクルの下落に拍車をかけて総じて右肩下がりの一年となります。更に日本株の悪材料として再来年の証券優遇税制廃止がありますので、年末にかけて未曾有の売り物が出てくるでしょう。ウォッチャー指数が買いシグナルになり、あとは大暴落の前の売りシグナルが来年の年始めに出てくるのを待って、理論の妥当性を確認するのみとなっている状況です。