JP Global Capital Mangement

Tading technology make our future to next sustainable stage. Change the future.

JP Global Capital Mangement イメージ画像

更新情報

エドワードデューイは著書「CYCLE」において、株価にもキチンサイクル、ジュグラーサイクルが存在すると説きました。彼は、株価のキチンサイクルの測定には対前年比を、ジュグラーサイクルの測定には、9年移動平均の値に対する3年移動平均の値の割合を用いています。 彼の用
『2012年2月時点の株価循環について』の画像

TDシーケンシャルにより分析した結果、金価格は今年の高値を2月中に付けます。下記は2月9日時点の金連動投資信託(大証1328)の日足チャートです。2月8日にTDシーケンシャルの最初のカウントダウンが完了しました。なお、TDセットアップが9回連続して起こったため、TDカウント
『2012年2月時点、ピーク近傍のマーケット』の画像

米国に トムデマークという テクニカルアナリストがおります。彼は、マーケットタイミングの分析を行い、マーケットの四本値の関係性から、相場のピークとボトムを推計するインディケーターを1980年頃に開発しました。このインディケーターが、TDシーケンシャル、TDコンボと
『TDシーケンシャル、TDコンボの適格性について』の画像

シクリカルな研究を行っている投資家の見方を参考にして、2012年の日経平均の見通しを立てました。大きな見通しは、2011年1月時点の予測と変わりありません。底値を6500円、高値を8900円と見込みます。今回のキチンサイクルの下降局面は、ジュグラーサイクルの中の三つ目のキ
『TRADE MAP for 2012』の画像

by Bulkowski's Forecasthttp://thepatternsite.com/Forecast.html#SA Shown is the 2012 forecast for the Dow industrials made on 11/27/2011, using the daily scale. Part of January is cut off since the chart wouldn't fit on the page.Going into March, the inde

http://www.moneyshow.com/investing/article/45/reg-NYOT-25613/Market-Outlook-2012/Monday, December 12, 2011 By Larry Williams I believe there are several things that will affect markets in 2012. The most significant of which will be the decline in gold, w

http://www.dsij.in/ArticleDetails/tabid/740/ArticleID/3075/Markets-to-fall-after-Feb-2012-Larry-Williams.aspx2/16/2011 FridayOn a global picture, the only question is will the Eurodollar die of a heart attack or self-suffocation? Certainly, things in Euro

[東京 19日 ロイター] ロイターが調査を実施した市場関係者20人の2012年の日経平均予想の一覧表は以下の通り。(順不同) <秋底、年末高>●ゴールドマン・サックス証券 日本株チーフ・ストラテジスト キャシー松井氏 年初はユーロ圏への懸念が続く公算大。

【日本株ストラテジー2012年】年後半に日本株の見直し進む=SMBC日興証券――2012年の投資環境を考える上でのポイントは?  SMBC日興証券株式調査部チーフストラテジスト、阪上亮太氏は2012年の日本株式市場の見通しを「年前半はもみ合って緩慢な値動きに終始

【2012年の日本株】ファンドマネジャー、ストラテジストはこう見る 12月28日(ブルームバーグ):2012年の日本株相場に対する国内外運用会社、証券会社のファンドマネジャー、ストラテジストらの見解詳細は以下の通り。各氏の予想ポイントの発言の後に、TOPIXや日経平

私たち日本国民の年金積立金は現在100兆円を超えていますが、2004年から取り崩しが始まっています。厚生労働省は、2000年以降の経済状況が続いた場合、2031年に積立金が枯渇すると予測しました。ハリー S デントによると、人口動態統計からみると2020年に入ってから年金制度
『年金積立金の推移』の画像

 デント氏は「hsdent.com」において予測レポートを無償公開しており、会員登録をしますと2011年2月に作成したレポートを読むことができます。さて、このレポートの最期で「The Land of the Setting Sun」という日本特集がされております。具体的な内容については下記のとお

UBS証:12年度はTOPIX930まで上昇も、政策効果で業績拡大   12月2日(ブルームバーグ):UBS証券では、2012年度の日本企業の業績は政策効果などで大幅増益になる公算が大きく、業績の伸びを勘案すると、同年度のTOPIX目標値は現状比26%高い930ポイント

 2011年9月のIMF見通しによると、2016年に購買力平価ベースのGDPで中国が米国を追い抜く。これは2011年3月に Frederick S. Pardee Center for International Futuresの長期予測モデルで示された2024年よりも8年も早く、従来の予測よりも早く中国が世界の覇権国となる可能性
『Pax Americana to Pax Sinica』の画像

引用元 http://www.frbsf.org/publications/economics/letter/2011/el2011-26.html Boomer Retirement: Headwinds for U.S. Equity Markets?By ZHENG LIU and MARK M. SPIEGELHistorical data indicate a strong relationship between the age distribution of the U.S. po

 2010年4月5日に、循環上同じ位相(3年サイクルの下降局面)に位置すると思われる各年上半期のピーク を重ね合わせたものが上から一番目の図である。1月8日に私はこの予測図を作ったが、予想が的中してしまう形となった。来年秋には日経平均は5000円代に向けて調整を強めると
『Trade Map for Next3 year』の画像

下図のとおり、日本の問題点は国債残高が増えることよりも、経済成長率が低下していることである。この20年間において英国の経済成長率をアンダーパフォームしている。40歳人口の激減によって、中国の文化大革命当時の混乱に匹敵する経済衰退が起こったといえよう。ただし、
『日本国政府債務推移』の画像

Future of National DebtIt is estimated National debt will could rise close to 100% of GDP by 2012. It is way above the government’s sustainable investment rule of 40% maximum.However, the debt situation can be improved through:Economic Expansion which im
『英国の政府債務について』の画像

11/25にロングしたものの12/9の大陽線を待たずに12/3に含み損のまま決済し、失敗。さらにその後12/17の高値圏で購入して1000円引くも、前回の失敗を教訓に戻りを待ち、1/17の安値で押し玉を決済。結果として1/17は一番高い日であった。 その後調整局面で買い下がり、戻り高値
『スパークス 11/25  取引成功事例』の画像

第一波から3113に移ったが、第二波゜を取り逃す。エントリーを3113と同期させようとしている間に2,000ポイントも機会損失が発生したため、第二エントリーが不利になる。場貼を付けていたものの日足をきちんとみていなく天足を付けたのに気づいたのが、崩れた直後であった。崩
『11/24 ランドビジネス 取引失敗事例』の画像

2010年4月5日に、循環上同じ位相に位置すると思われる各年上半期のピーク を重ね合わせたものが上図である。ボトムを付けた位置を補正するとほぼデントの予想と一致する。 
『Trade Map for Next 3 years』の画像

①世界経済  ・世界景気は、11 年前半にかけて先進国では景気対策の押し上げ効果の減退や、循環的な動きの弱まりによって緩やかな成長にとどまると見込まれる。一方で、新興国は内需の拡大等により堅調さを維持し、世界景気を下支えすると予想される。 ・米国経済は、11 年

1.景気の現状:一進一退・自動車販売の減少や輸出の増勢鈍化を背景に景気は弱含み。景気先行指数が2010年4月をピークに下向きに転じているほか、一致指数も9月以降は低下。内需も本格回復に至っておらず、機械受注や雇用・所得環境は「底ばい」状態が持続。日銀短観12月

世界食料価格:12月に過去最高更新、砂糖値上がり 1月5日(ブルームバーグ):世界の食料価格が昨年12月に過去最高に達したと、国連食糧農業機関(FAO)が5日発表した。砂糖や穀物、油糧種子の値上がりが影響した。2008年には食料価格の上昇を要因として、ハイチやエジ
『上昇に向かうコンドラチェフ循環 世界食料価格:12月に過去最高更新、砂糖値上がり-FAO Bloomberg』の画像

来週の日本株の読み筋=しっかりした展開か19時31分配信 モーニングスター来週(11-14日)の東京株式市場は、しっかりした展開か。7日晩には重要指標の米10年12月雇用統計が発表される。5日晩に発表された米12月ADP(オートマチック・データ・プロセッシン

自然の摂理に逆らって動き続けるということは、天に唾するのと同じことである。結局は自然の摂理に従わざるを得ないのだと思う。それが、人の死、国家で言えばデフォルト、相場で言えばバブル崩壊である。 石井久氏の言うことを考えた結果、自然律に逆らった人間が相場で勝

標記命題に対しては、答えはNOと言える。まず、長期時系列による詳細な値動きを分析し、レンジのブレイクを狙ってショートする必要がある。しかし、国債先物価格の長期時系列データは公に入手しづらい。 暴落時には、乱高下が予想される。また、長期保有も限月の壁に拒まれ

来年度予算 国債44兆2980億円 「10年もたない」現実味2010年12月25日(土)08:00(産経新聞)平成23年度予算案は、前年度に続き、新規国債発行額(借金)が税収を上回る「異常事態」となった。特別会計の剰余金といった「埋蔵金」は食いつぶし、消費税率の引き上げ

改革不在の予算案では日本はもたない 2010/12/25付政策への出費と借金を前の年より増やさないという最低限の目標は辛くも守った。だが日本の将来を考えると、菅政権の2011年度予算案に強い懸念を抱く。その場しのぎの帳尻合わせに頼る一方で、根本的な財政や社会保障の改革

【日本株ストラテジー2011年】海外要因が次々と上値を抑え強気になりきれず=松井証券松井証券マーケットアナリストの土信田雅之氏に日本株の見通しを聞いた。土信田氏は、2011年の日本株式市場を「基本的に慎重」とみている。日本国内に株価を浮揚させる要因が見当たら

自民・林氏:民主政権で財政は危険ゾーン、「Xデイ」対策提言も12月22日(ブルームバーグ):自民党のシャドウ・キャビネットで財務相を務める林芳正政調会長代理(参院議員)は民主党政権下で日本の財政が「危険ゾーン」に差しかかっているとの認識を示した。このため投資

国・地方で借金891兆円 財政健全化の道筋描けず 2010/12/24 21:04政府は2011年度予算案で新規国債発行額を44兆2980億円として、「10年度を上回らない」とした財政運営戦略の方針をかろうじて守った。ただ税収を上回る巨額発行に変わりはない。国・地方合わせた長期債務(借

S氏の相場観:いずれ訪れる国債の暴落 2010/12/21(火) 米国のQE2(金融緩和策)を見切れなかった為に、国内の銀行が米国債で巨額の損失を出してしまったのですが、その穴埋めとして売られたのが日本国債で、11月の売り越し額だけで2.8兆円にも達しました。これにより日

副島隆彦の2011年世界の動きと日本経済の大予測(1)2012年に向けて株価は暴落していく特別取材2010年12月21日 10:58副島国家戦略研究所(SNSI)主宰 副島 隆彦 氏 世間にはびこる銀行マン、証券会社、生保レディといった金融鬼の手先が、どれほどひどいことをしてきた

http://www.hsdent.com上記に掲載されている12月月例レポートの要旨 景気循環学会の用いている10年、4年、40ヵ月の合成サイクルにより予測すると、株価は2011年2月半ばから3月初めにかけてピークをうち2011年後半まで保ちあいを続けて、2012年後半に大きく底をつける。その

本件については、11月に入ってから週足で他銘柄よりも遅い底足が出たことから、急騰を期待して11/24に銘柄コード8944から乗り換えたものである。買いエントリー時既に流れができており、底値の110円台から遠い、145円でのエントリーとなった。その後、大商いがあったが、過去
『2010/11  オアクキャピタルの取引成功事例』の画像

2010年3月15日に買い持ち、天井を付けたのを嫌気して5月7日に手仕舞い。本銘柄については、月足で見れば2000円から4000円のレンジで動いており2008年10月と2009年11月に底を付けてダブルボトムを形成している。また、2010年に入ってからはトリプルボトムの形成には至ってい
『2010/3 大阪チタニウムの取引成功事例』の画像

上図は自動売買の理論損益と実際損益である。何回かプラットフォームの自動停止があったため、実現損益が大きく損なわれ取引から撤退した。自動売買においては、通信障害や停電等のあらゆる危険が考えられる。最終的にはマニュアルトレードにならざるを得ない。
『2008/12 日経先物自動売買による取引失敗事例』の画像

リーマンショック後に底足が出ており、2月にウォッチャー指数に買いシグナル、3月に日経に底足が出たことから3/10に買い持ち。しかし、直後に会社の利益予想が減額になり成長が緩むとのニュースが出て出来高を伴い下落した。下落前の高値を更新した4/15に決済。背景には五月
『2009/3 ALIBABAの取引失敗事例』の画像

↑このページのトップヘ