凡人の投資ブログ‐仮想通貨、株価、為替の予測で資産形成

    約800銘柄の可能性が広がるクリプトドリームへの挑戦

コンドラチェフサイクルの4つの局面 ニコライ・コンドラチェフは、ロシアの農業経済学者です。彼は、ソ連の5カ年計画に取り組んで農業発展に尽力している間、約60年周期の長期波動について発表しました。(なお、現在のコンドラチェフサイクルは彼の発表した60年から期間が ...

 皆さんお元気でしょうか。今回は、全米100万人以上が使用するスクリーニングサイト「Finviz 」 を用いて、金相場と株価の分析を行います。米国株 セクター別パフォーマンス 下記のグラフは、米国株のセクター別パフォーマンスのランキングを表したものです。直近1か月 ...

金価格の年別季節性 過去記事「季節性・アノマリーのチャートからみると、金相場・金価格は暴騰する!」にて、年別の金価格の季節性・アノマリーを検証した結果、2019年に向けて金価格は上昇していくことをご確認いただけました。  金価格の月別季節性 今回は、ドル建て ...

経済学における為替レートの決定要因 私は大学で為替レートの決定理論について研究していました。本稿では、経済学的知見から今後の為替動向を予測します。 近代経済学では、アセットアプローチと呼ばれるモデルで、2国間の金利差により為替レートが決定するとしています ...

株価サイクルの4つのステージ 皆さんお元気でしょうか。久々のブログ更新となりましたが、結局、相場の大きな方向性は、数週間で変化することはありません。 株価サイクルの大きな流れをとらえた場合、向こう3年は下落が続きます。 ここでは、アメリカのスーパートレーダ ...

 私は、日経平均株価のキチンサイクル及びジュグラーサイクルを記録していますので、過去の統計をもとにして、今後の動きを正確に予測することができます。キチンサイクルの推移 では、下記の統計表をご確認ください。今回のキチンサイクルですが、2012年6月に開始して以来 ...

NYダウ平均の年別季節性 過去記事「日経平均株価の季節性・アノマリーから株価を予測すると、株式相場は弱気に転換し、暴落へ」で検証したように、日経平均株価は季節性から考えても今後厳しい展開になります。 今回は、NYダウ平均の1920年以降のデータにより、ダウ平均の ...

日経平均株価の年別季節性 株価には季節性・アノマリーというものがあります。「ラリーウィリアムズの株式必勝法」にも掲載されていますが、5のつく年は、株価が大きく上がる傾向にあります。 しかしながら、2015年は、8月に相場が急変し、このアノマリーは未達となりま ...

 昨日のダウ平均は過去3番目の上昇幅を記録しました。米国の株式ソーシャルサイト「Stock twits」では、今回のリバウンドを死んだ猫の跳ね返り「Dead cat bounce」に例える投稿が目立ちます。 株価指数の季節性を考慮すると、これから9月から11月にかかけて年間でもっとも売 ...

  歴史を通して、どのような時であれ、健全な市場には、刺激的な高成長、低PER、低い時価総額の 銘柄がたくさんありました。  健全な市場は、強固なベースを爆発的に上抜けるブロックバスターパターンを持っています。  しかしながら、最近の米国市場では、期待PERが20 ...

 皆さん元気でしょうか。 ようやく、私の予測していたとおり、株価大暴落が始まりました。しかし、一番重要なのは、現在の下落はリーマンショックを超える大暴落の始まりに過ぎないということです。 私がフォローしているマークミネルヴィニ、ジェシースタイン、ジェシー ...

 このブログでは何度も 、2015年から株価大暴落が起きることを予言してきており、とうとう上海総合指数の暴落が発生しました。しかし、上海総合指数の暴落だけでは終わりません。中国のバブル崩壊に引きずられて、日米の株価も大暴落を引き起こします。この記事では、改めて ...

 2007年まで、中国の未曾有の経済上昇はレバレッジの大幅な拡大を伴っていませんでした。 しかし、2008年のリーマンショック以来、債務は急速に上昇しています。 2014年の半ばまでに、中国の総負債は、発展途上国の平均をはるかに上回るどころか、オーストラリア、米国、ド ...

 皆さん元気でしょうか。 米国では株式で1億ドル以上を管理するファンドマネージャーは、各四半期の終了から45日以内にフォーム13Fを提出し、株式、オプション及び新株予約権付転換型社債の保有状況を報告します。 8月14日に発表されたフォーム13Fによると、6月末時点で、 ...

最後のセリングクライマックス  エネルギーや金鉱株のセンチメントは最後のセリングクライマックスに近づいています。今こそ、買いを開始するべきです。 今こそ、商品の買いを検討するときです。S&P500、ナスダック、およびその他の主要株価指数は、記録的な高値圏ですが ...

みなさん元気でしょうか。本記事では、IMFとアメリカセントルイス連邦準備銀行の発表しているデータ(詳細は、記事の末尾参照。)にもとづいて、長期的なドルの信認低下が何をもたらすか確認します。ドルの外貨準備に占める割合の低下 下記のグラフをご確認ください。世界各国 ...

 世界中で金の需要が急増し、供給が減少しています。これは、金価格が将来暴騰するための序章であり、金価格は飛び跳ねる前の最後の調整ステージにあります。中国 中国の投資家は、株式市場から金地金へ向かって逃避しています。昨年は中国の株式市場は顕著な強気でしたが ...

皆さん元気でしょうか。私は大学で計量経済学を学習しておりましたので、時系列データの分析というものをよくやっています。たとえば、人口ボーナスと株価の間に相関関係があるとすると、今後の人口ボーナスの推移を元にして株価がどうなるか予測できるわけです。  このた ...

 さあ皆さん元気でしょうか。ここでは、金の需給動向について、一考します。金の需給動向については、四半期ごとにワールドゴールドカウンシルが発表していますので、そのデータを検証します。ここでは、ワールドゴールドカウンシルのゴールドデマンドトレンド(http://www.g ...

 皆さん元気でしょうか。これまで、中国の上海総合指数、日経平均株価及び人口ボーナスの推移を比較し、ハリーデントの理論をもとにして今後の株価を予測した結果、株価暴落が止められないことがわかりました。 そして、とうとう本丸の米国株について、ダウ平均と支出の波 ...

ハリーデントというアメリカの人口経済学者によると、40代前半人口が株価の動きを説明するそうです。 41年前出生数、国連推計40代前半人口及び日経平均株価の推移を掲載したのが、下記のグラフです。今年日経平均株価の暴落が起きれば、見事に41歳人口の推移と一致して、年 ...

 みなさん元気でしょうか。相変わらず2ちゃんねる掲示板では、上海株暴落のニュースに対して、1時間で千レスもつくほどの祭り(炎上)が発生しています。 本日で7月が終わりますが、上海総合指数は2009年以来で最大の月間下落率となったそうです。マネックス証券のトレー ...

 相変わらず、上海株が暴落しています。このニュースは、暴落するたびに2ちゃんねるスレッドランキングで上位に来ます。 -以下ニュース- 30日の中国・上海株式市場で、代表的な指数である上海総合指数の終値は、前日終値比2.2%安の3705.77となった。 午前 ...

 みなさん元気でしょうか。今日も時間がないため、2ちゃんねるのビジネス板でスレッドランキング7位になった記事を投稿します。日本は、スタグフレーションになりそうですね。しかし、米中も似たようなものです。これからは、紙幣の信用が揺らいできます。-以下ニュース ...

 皆さんお元気でしょうか。本日は時間がないため、2ちゃんねるでスレッドが13まで伸びたニュースを紹介します。私のスタンスとしては、上海株の暴落は誰にも止められないと考えます。相場は人間よりも賢いです。-以下ニュース本文- 28日の中国・上海総合指数は前日比 ...

 みなさん元気でしょうか! ここでは、将来必ずやってくる大地震で、金価格、為替相場及び株価がどうなってしまうのか検証します。関東大震災が与えた影響について まず、有名な関東大震災が株価等に与えた影響を考えてみます。  今回使用するデータですが、戦前の株価指 ...

 皆さん暑い中、お元気でしょうか。思い起こそうとしても、もはや思い出せない人しかいませんが、今から92年前の1923年9月1日に関東大震災で約14万人以上の方がお亡くなりになられました。それ以来、我が国においては、さまざまな地震研究がおこなわれてきましたが、太陽 ...

相場の格言 (立花証券社長石井久氏)・「株で一発当てた人間は落ちるのも早い」一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまった ...

株式のアノマリーについて さあ皆さん暑い中、いかがお過ごしでしょうか。私は、金価格について改めて研究を行っています。相場をやる上では、季節性というものを考慮する必要があります。株式でいうとセルインメイというやつです。 季節性というのはアノマリーの一つであり ...

   私は景気ウォッチャー投資法による分析というものを行っています。これは、野田 聖二先生が発明された投資方法であり、景気ウォッチャー指数が現状一致指数で1.5ポイント以上変動し、先行き指数に現状一致指数と大きな異同がなければ、売り買いのシグナルとなるものです ...

 アブダビ投資庁でファンドマネージャーをしていたプロのアナリストである林則之さんもとうとう金の買いに転じたようです。彼の株式投資手法は、長い保ちあいをブレイクアウトしたところを狙っていくという古典的な方法でしたが、長年の大局観からとうとう金へシフトしたよ ...

  東京銀行でゴッドハンドと呼ばれた伝説の為替ディーラー若林アソシエイツ代表の若林栄四さんもとうとう金に対して強気転換しました。私の彼に対する評価は好意的です。彼は、リーマンショック後の著書で長年の為替ディーラーとしての経験から2011年の円高の大底をサイク ...

 徳川家広氏の著作「自分を守る経済学」が出ていたため、読んでみました。2012年末から2016年初頭に日本経済が回復過程を歩むと同氏は著作で述べており、私の見解と一致しています。2012年末から2015年前後までの中期循環上昇局面については、ほぼエコノミスト、経済予測家 ...

 皆さんは、アフリエイトというのはご存知でしょうか。アフリエイトで収入増大を目指すなんて言っても、現実はとても厳しいです。私は、グーグルアドセンスを始めましたが、収入は、始めてから11日間で280円です。そして、アマゾンアフリエイトも始めまして、こちらは11日間 ...

 とうとう恐慌へ突入する序章が始まったようです。本丸のアメリカもピークを打ちました。まず、下図のダウ平均月足ですが、約9年のジュグラーサイクルのピークを付けたことがわかります。また、テクニカル的には、トムデマークシーケンシャルのカウントダウンが完了してか ...

 ここで、ニクソンショック時のダウ平均、金価格、ダウ金価格レシオの推移を下記に示します。 ニクソンショックによる金価格暴騰は1975年まで続き、株価底打ちにより暴落するも、株価が再び下落に転じると暴騰しています。  次に、現在の状況を確認すると、ITバブル崩壊 ...

 ここで、久しぶりに、100年スパンで見る金融時系列の分析を行います。良い記事を掲載しますので、ぜひお願いいたします。 まず、長期時系列データの取得ですが、セントルイス連銀のホームページから、ドル円レートは1971年以降、金価格は1968年以降の時系列データが取得で ...

米国はまた第三のバブル崩壊だ。そして、2000年、2007年と同じことが起きる。 2000年の資産バブル崩壊で、金は長期下落に終止符を打った。日本の国債暴落説が唱えられはじめたのもこの頃だ。 そして、2007年のいざなみ景気終焉で金はさらなる上昇を見せる。 2012年の日経平 ...

   私は、長年にわたり経済分析に携わってきましたが、長期の流れで世界経済を俯瞰すると、必ずゴールドの時代が来ると断言できます。 世界の基軸通貨であるドルはニクソンショックによって、金兌換通貨としての役割を終え、莫大な対日貿易赤字で円に対して暴落しました。 ...

私が投資で成功するために参考とした書籍を紹介しますので、ぜひ、クリックして購入をお願いいたします。1 トレードステーション関係  下記は、リーマンショック前にトレードステーションに注目していた西村さんの書籍であり、私がトレードステーション2000iを始めたころ ...

 大きなプライスアクションの前には、必ず前兆現象がやってきます。前兆があるからこそ、相場で勝てるのです。それでは、最近私が発見した相場の前兆を下記に示します。 〇保ちあいのいずれかのサポートに値が寄せてくる。〇大きなトレンドにそった動きをする。〇天底を予 ...

Everything is planned harmony.While the same rhythm is taking over and over again, our world will go ahead.It has also drawn a great wedge.  ...

反省点 入るべきでないポジションを作ったことによる損害を除けばかなりのプラスになっている。むやみにチャンスを広げれば、損失も大きくなる。 依然として。増し玉による高値掴み、一時的調整による見切り売りによる利益の逸失が多い。基本的に最低でも一四半期以上続く ...

↑このページのトップヘ